女性らしさとシャープさを兼ね備えている小千谷縮 ※手縫い マイサイズ仕立て
new
5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc 5ef97f2d4adba0481131cfcc

女性らしさとシャープさを兼ね備えている小千谷縮 ※手縫い マイサイズ仕立て

残り1点

¥115,500 税込

送料についてはこちら

代表の木下と、女将の紅子はみなさまご存知の通り、毎日着物生活です。 夏も冬もそれぞれのシーズンに、コレ!という着物があります。 涼しさ重視なら、やはり麻の着物でしょう。 麻は涼しくないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、この着物は涼しいのです! 今までそれぞれ数枚の麻の着物を作ってきましたが、洗って、風合いが柔らかく時間が経つにつれてまた魅力が増してゆくような、そんな麻の着物があります。 その理由を紐解いてゆきます。 過去に誂えた様々な麻の着物の中でも、長く着用し愛用すればするほど より「涼しさ、しなやかさ」を感じるもの反物がありました。 産地や糸の細さ(番手)もあるようですが、行き着いた結論は生地を織る際に糸に使う糊の成分によって、結果的に変わってくるようです。 こちらの反物は糸にこんにゃく芋の成分から作った糊を使い麻糸に付けながら力織機で織り上げます。 この糊づけにこだわることで結果的にコストアップになってしまうため、麻織物の産地でも一部の限られた反物でしか採用されていないようです。 一般的な麻の着物よりお高いかもしれませんが、この涼しさ、しなやかさ、風の抜け感の心地よさを一度知ったら、元に戻れないのではないでしょうか。 (我々二人とも、もう戻れません!!) しなやかさ、涼しさについて、もう少し踏み込ませていただきます。 実際、どうなるのか、具体的にご説明しますね。 こちらの糊を使っている着物は、洗い込むと、着物がよりしなやかになり、触った感じや持った重さが少し軽くなるような感じがします。 糊が着物を洗うことによって、糊が抜けてゆき、繊維に隙間があくようなそんな感覚です。(あくまでも感覚です!) なので、より涼しく感じます。 一般の麻織物で誂えた着物は、最初はこちらの糊を使ったものとさほど変わりなく感じますが、洗い込んでもしなやかにはなりません。片や柔らかくなるので、変わらなくて、ちょっと硬い印象を持ち、持った感じ軽くなったような印象は持てません。 着物を洗っても、糊が抜けてゆく感じはなく、涼しさの点からいうと、前者の着物と比べると、空気の抜け感が弱いです。 先述の通り、どこに軸足を持つのかで、選ぶものが変わってくると思います。 少しでも価格を抑えたい方にとっては、ここでご紹介する麻の着物はちょっとお高いと思います。 でも涼しさをとにかく重視する方にとっては、この天然素材の糊を使った麻の着物を是非オススメしたいと思います。 涼しさに関しては、個人的な感覚によるところも大きいと思いますが、十数年の着物着用キャリアの身体が教えてくれたことを、ちょっと紐解いてお伝えさせていただきました。 続きまして、麻の着物の魅力を! 全般そうですが、麻の着物は ・涼しい ・セルフメンテできる(自宅で洗える) ・キメすぎない夏着物姿 が魅力かと。 麻のワンピースとかシャツって、涼しいですよね? 着物も形が変わるだけで、風が抜けてくれるところは同じです。 麻の着物を着た時は、ぜひ麻の長襦袢を合わせてお選びくださいませ。 麻の襦袢を合わせることによって、より涼しさを体感していただけると思います! (合成繊維の襦袢だと、涼しさを全て感じられないと思います。) 麻の着物はご自分でセルフメンテナンス(お洗濯)ができます。 汗をかいたな、、と思ったら、上半身の背中心、お腹周り一周、両脇にとにかく霧吹きを当てて、濡らします。そして、乾いたタオルでトントンと汗を移してゆくと、汗を抜くことができます。 もちろん自宅で全体を洗濯することが出来るので、このメンテナンスが可能になります。 キメすぎない着物姿 夏ってただでさえ暑苦しいので、キメすぎない着物姿は、ご本人も快適ですし、周りの方の目にもそう見えるのではないでしょうか? もちろん、決めたい時は、バッチリ決めたら良いと思いますが、麻の着物の良いところは、こなれたカジュアル感。 キメすぎない着物姿を望まれる方には最適な素材です。 麻の着物の良さ、たくさんご紹介しましたが、デメリットもご紹介させてください。 麻のデメリットは、 ・シワがよる ・ボリュームが出る この2点です。 シワがよることに関しては、小さい霧吹きを持ち歩いていただきたいです。 おはしょりや上前などきになるシワが生じた時に、霧吹きを吹きかけ、表面を濡らして、「手のし」をするとシワが目立ちにくくなります。 ボリュームが出ることに関しては、涼しさを求めるとどうしても仕方のないことかなと。 洗い込むと、少しずつしなやかになってゆきますので、育てていただくということも一つの選択肢かと。 デメリットも当然ありますが、そのデメリットさえも凌駕してしまう魅力が麻の着物にはあると思います! 是非麻の着物、取り入れてくださいませ。 最後にこの着物の色柄についてお話しします。 地色が藤色で、白の乱れ縞が入っています。 女性らしさもありつつ、乱れ縞が良い動きとなって、軽快な印象に。 縞が入っているので、見た目的にもシャープでスリムな印象の着姿に見せてくれることでしょう。 ただ、乱れ縞なので、クールになりすぎず、柔らかさも◎ この着物に、白い帯を合わせると、清潔感あふれる夏らしいコーディネートに。黒い帯もかなり良さそうですね。 着物に限らずカジュアルなオシャレって、その方らしさがよく出ます。 シャープさ、そして、女性らしさその両方を兼ね備えている着物です。 こんなファッションを望んでいらっしゃる方に、ぴったりな反物です。 ◾️着用時期 麻の着物は盛夏(7月8月)と言われていますが、最近は、産地のみなさまも単衣時期にもオススメされるなど、その着用時期について柔軟になってきています。 色の濃いものなどですと、より長い期間お召しいただきやすいと思います。 温暖化の影響で6月中旬や9月中旬でも気温30度の真夏日も増えてきていますので、よりご活用頂ければと思います。 ◾️素材  麻100%  洗濯は押し洗いを推奨しています。  洗濯機の場合はネットに入れて、一番優しい手洗いコースにてお願いします。  洗剤は、中性洗剤をお使いください。  脱水は、ゆるく絞る程度  干し方は吊り干しでお願い致します。  干す時は、必ず陰干しでお願いします。  ※メンテナンスにつきましては、お着物納品時に、簡単なものですが、注意書きをお渡ししています。 ◾️サイズ  反物幅 38.3センチ(約1尺)  長さ 12.5メートル ◾️仕立てについて こちらのご料金には、お仕立て代含めて、以下のものが含まれます。 ・水通し ・国内手縫い仕立て ・衿 広衿でもばち衿でも対応可。  衿裏の素材:ポリエステルが標準です。差額が発生しますが、より涼しさを求められる方には、麻の素材がオススメです。 (寸法のご相談の際に、この辺りについてもご相談させていただきます。) ・背縫い:ズラ伏せをオススメしています。 ・居敷当:涼しさの観点から付けないことをオススメしています。  ※サイズ等についてのご相談は、ご決済後2営業日以内にこちらから、一度ご連絡させていただきます。 ◾️納期について ご注文いただきましてから、仕立てを行います。 納期は混み具合にもよりますが、連休などを除いた営業日ベースで約1ヶ月半前後頂戴させていただきます。 ※帯や小物のコーディネートも承ります。 お気軽にお申し付けくださいませ。 ・ご購入に際してのお願い PC等のアドレスを推奨しておりますが、携帯のメールアドレスをご登録いただく際、「hello@stores.jp」のメールが受信できるように設定をお願いいたします。 設定できておりませんと、使用しておりますシステム上よりお返事申し上げますので、ご購入確認や、発送のお知らせなどのメールがお受け取りいただけません。 どうぞよろしくお願いいたします。