生地厚め クール×クラフト感が共存している絞りの紺色の木綿 ※水通し 手縫いマイサイズ仕立て
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

生地厚め クール×クラフト感が共存している絞りの紺色の木綿 ※水通し 手縫いマイサイズ仕立て

残り1点

¥88,000 税込

送料についてはこちら

着物は仕立ての時間が必要で、先の季節のことを考えてゆきます。 またそれも楽しい時間ですね。 まだまだ暑い毎日ですが、先の着物ライフ、考えてみませんか? 毎日着物生活を送っている木下着物研究所の女将の木下紅子と代表の木下勝博は、様々な着物・和装を駆使して、日々を過ごしています。 当然絹物も着用しますが、日々のデイリー着物としては、メンテナンスのしやすいものが中心です。 春夏は、浴衣や、綿麻、麻の着物、それから洗える上質な着物がメイン。 秋冬は、木綿、スーツ地のウールの着物、季節によっては、洗える上質な着物がメインです。 それぞれの着物に良さがあり、どの着物がベスト!とは申せませんが、木綿の着物は、気軽に気張らずとも着られるお友達感覚の着物です。 色が好みのものをセレクトいたしましたので、ご紹介いたします。 当然素材は木綿なのですが、縞の部分のスラブ糸(紬のような太細がある)を使用しているので、上質な雰囲気です。 ※この反物は地厚ですので、夏はご着用いただけません。春秋メインの着物です。 木綿の着物の気軽さ・そしてこの反物の素敵さについて解説してゆきますね。 木綿の着物の気軽さ その① セルフメンテナンスができること やはり、セルフメンテナンスができることは、とても大きいですね。 気軽に着られるということは、例えば焼き鳥を食べにゆくとか、うどんやお蕎麦を食べたり、カツ丼を食べるときにだって着たいですよね。 ちょっとしたおイタをしてしまったとしても、洗えるから大丈夫!!と思えるか思えないかでは、心持ちが全く異なります。 ご自分で洗える素材は、ドンとこい!と構えてくれているかのようですね。 その② 気張らず着られる お出かけ着物は、光沢感のある着物が多いです。 光沢感があると特別感を演出してくれるので、気分が上がる一方、気軽にお召しいただくには、ちょっと頑張りすぎている感じが、、否めません。 頑張りすぎないというのは、気張らず、自分ペースで着物を楽しめるということ。 チャチャッと、気張らず着物を楽しみたい方には、木綿の着物、最適ですね。 木綿は様々あれど、この反物をセレクトした理由は、着やすそうな色合いと、素材的にカジュアルなのですが、柄行きが砕け過ぎていないので、様々な帯合わせがしやすいところです。 大人がカジュアルのおしゃれを楽しみたい時、すごく軽快な雰囲気が欲しい時もあれば、帯などによってクラス感をアップさせたい時も。 大人が木綿を楽しむには、ちょっとしたグレードと申しますか、リーズナブルなお値段は大歓迎なのですが、見た目がリーズナブルっぽいとちょっと。。。 この反物は、とてもシンプルな色柄なので、合わせる帯によって雰囲気がぐっと変わります。 木綿、気になるけどまだデビューされていない方にもオススメです!! この反物は、織物の産地の新潟県小千谷市で織られた木綿。 ちょっと地厚な生地なので、夏には向きません。(絶対暑いです。。) 春、秋を中心とした季節とお捉えください。 もちろん冬もお召しいただけますが、寒さなど個人的な感覚によりますので、春秋メインと記載させていただきますね。 木綿の良さ、お伝えしてきましたが、きちんとデメリットもお話ししたいと思います。 絹物しかお召しになられたことがない方は、特にご一読ください。 ・裾さばき 絹に比べると、生地が重めですし、ざらっとした感じがあります。(少し毛羽立ったような感覚) 裾さばきが少し悪く感じますし、繊維が少し絡み合って、裾が上がりやすいです。 ・シワ 木綿はシワがよりやすいです。 シャツを想像してください。一日ご着用なさったら、シワが寄りますよね? シャツよりはよりにくい素材感ですが、天然繊維ですから、それなりにシワがよります。 ただ洗えばシワはまた取れますし、アイロンも気兼ねなくかけることができるのは、良ポイントですね! デメリット2点お伝えしましたが、素材によって良し悪しがあるのは当然のことです。 良さも当然たくさんありますので、両方ご理解いただき、木綿の着物ライフ楽しんでいただけたら幸いです。 木綿の着物がワードローブに加わると。。。 想像してみてください。 あ、汚れても洗えばいいか! 気張らす着られるからお洋服の方とご一緒のシーンでもいいか! ちょっとしたワンピース感覚で着られる着物です。 着物と仲良くなれる着物、取り入れてみませんか? 最後にこの反物の色柄について。最後にこの反物の色柄について。 ちょっとピリッと辛みの効いたような大人のカジュアルといった様相でしょうか。 雰囲気のある反物です。 地の色は紺。柄の色は白。 色味と相まって、何とクールなでも表情のある絞りでしょうか。 手仕事は温かみが心情ですが、このクールな手仕事感、中々ありません! 一目見たときにこれは!!と思わせてくれた反物です。 手仕事、つまりクラフト感あるものが好きだけれど、ハンサムライクなものがお好み方にぴったりな着物だと思います。 大人のカジュアルはとにかく上質であることが、重要だと思っています。 木綿×絞り 素材で気負わない雰囲気を楽しみつつ、手仕事の上質さを感じさせる、大人向きの着物でしょう。 ※お使いのモニターの発色具合によって、実際のものと色が異なる場合がございます。 この反物は、年代も問わず。男女問わず。 シンプルな帯が合うのは当然ですが、ちょっと個性の強い帯なども良いですね。 思い切って派手めなものを合わせるもよし、シックなものを合わせるもよしです。 ちょっと上質な名古屋帯などを合わせてもいいですね! 木綿で綺麗コーデが実現できます! 小物使いも色が楽しめそうです。 青がベースではありますので、緑系、紫系、そして強めのピンクなどポイントになる小物の色がオススメです。もちろん白っぽく優しい感じにあげても良いと思います。 縞なのでコーディネートしやすいので、どうぞご安心を! カジュアルシーンこそ、普段着だから決まりや慣習にとらわれることなく、その方の好みがよく出ると思っています。 基本的にはシンプル好みだけれど、手仕事感(クラフト感)がお好きな方、肩肘張らないファッション好きな方にぜひ選んで頂きたいです。 ◾️素材  綿100% ◾️サイズ  反物の幅  :約39センチ  反物の長さ :約12.5メートル以上(水通し前) ◾️仕立てについて 男性でも女性でもおし立て可能です。 こちらのご料金には、お仕立て代含めて、以下のものが含まれます。 ・水通し ・国内手縫い仕立て ・衿 広衿でもばち衿でも対応可。  標準の衿裏の素材は白の木綿。 ・背縫い:袋縫いをおすすめしています。 ・居敷当はご相談とさせて頂きます。  サイズによっては、共布でお尻のところなどお付けすることも可能ですが、仕立て方で工夫が必要なので、ご希望の場合は諸々の特徴などご説明させて頂きます。  別の白い木綿で後ろ幅いっぱいにお付けすることも可能ですが、別途4,400円ご料金を頂戴します。  着心地の観点から、手縫いを前提としておりますが、全体的なコストを抑えたい、お仕立てがミシンでも良いという場合は、メールでお問い合わせくださいませ。  ※サイズ等についてのご相談は、ご決済後2営業日以内にこちらから、一度ご連絡させていただきます。 ◾️納期について ご注文いただきましてから、水通し、仕立てを行います。 納期は混み具合にもよりますが、連休などを除きまして約1ヶ月半前後頂戴させていただきます。 ◾️メンテナンスについて ご自身でメンテナンスできる木綿の着物です。 おしゃれ用の洗剤(蛍光剤の入っていないもの)をお使いください。単体で優しく押し洗いをし、軽く脱水をして陰干しをしてください。 洗濯機で洗う場合は、必ず着物をきちんと畳んでいただき、ネットに入れて、ドライモードでお願いしますあ。 脱水は、着物を畳んでいただき、タオルに挟みドライが1番のオススメです。洗濯機で脱水される場合は、出来るだけ短くがオススメです。 乾く時に縮みやすいですので、直射日光を避けて風通しの良いところに干してください。 先染めの商品(先に糸を染めて織っている商品)です。特に濃い色は汗や摩擦で他の物に色移りすることがありますので、万が一色移りした場合は早めのお洗濯をお願いいたします。 ※反物のみの販売も承ります。 お問い合わせからご連絡くださいませ。 ※帯や小物のコーディネートも承ります。 お気軽にお申し付けくださいませ。 ・ご購入に際してのお願い PC等のアドレスを推奨しておりますが、携帯のメールアドレスをご登録いただく際、「hello@stores.jp」「info@kinoshitakimono.com」のメールが受信できるように設定をお願いいたします。 設定できておりませんと、使用しておりますシステム上よりお返事申し上げますので、ご購入確認や、発送のお知らせなどのメールがお受け取りいただけません。 どうぞよろしくお願いいたします。